ヴィンテージジュエリーの歴史と詳細

Rm Antiquesのブログではそれぞれのメーカーやスタイルについて詳しく記載しております。 順次アップしておりますので参考にごらんください

第1回 Sarah CoventryとEmmons

カジュアルなラインの多いサラコベントリーと姉妹ブランドのエモンズについて

特別 ラインストーンの歴史

ガラスのインストーンの始まりについて

第2回 LisnerとRichelieu

第二回目は『Lisner & Richelieu リスナーとリシュリュー』 個別に書こうとも思ったのですが、後期にこの2つは1つの会社になるので、まとめて書いていきます。

第3回 A  Avon

お値段も比較的安価で手に入りやすい、といった印象があるかもしれません。 Avonで一番注目すべきピースは有名デザイナーを起用したラインではないでしょうか。

第3回 B  Weiss

第三回目は『Weiss ウェイス』 きらきらとときめくピースが多いコスチュームジュエリーカンパニーですね

第4回 Kramer

第4回目は『Kramer クレイマー』 Weissのような華やかなピースが目を引くジュエリーメーカー。

第5回 Vendome

第5回目は『Vendome ヴァンドーム』 もともとはCoroの数あるブランドの一つではありますが、一緒にご紹介するより 別のブランドどして扱いたいブランド。

第6回 Trifari

第6回目は『Trifar トリファリ』 歴史 1920年代以来、Trifariは、米国におけるコスチュームジュエリーの最も成功したメーカーの一つです。

第7回 Regency

コレクターにも大変人気のあるRegencyではありますがその詳細はほとんどが謎に包まれています。