歴史

1883年、イタリアのナポリで生まれたGusabo Trifariは祖父の経営するゴールドスミスで働きながらジュエリーの知識を身につけます。 1904年、アメリカのニューヨークに移民したGustaboは彼の叔父とコスチュームジュエリーの製造を始めました。 1910年、Gusatboと叔父はTrifari & Trifariという会社を設立し、ジュエリーの販売を始めますがそのあとすぐにGustaboは独立し、1912年にハイクオリティーコスチュームジュエリーを製造販売するTrifariを設立します。

1917年、leo Krussmanはがセールスマネジャーとして就任しその翌年会社の成功により社名をTrifari & Kussmanと変更します。 1923年にセールスマンに就任したKarl Fishelにより、さらなる成長を遂げた会社はTrifari , Kussman & Fishel(TKF)とさらに社名を変更します。 一般的にはTrifariと呼ばれていたようです。

1920年代以来、Trifariは、米国におけるコスチュームジュエリーの最も成功したメーカーの一つです。

1930年から1968年までコスチュームジュエリーデザインの巨匠、カルティエや、ヴァン クリーフ&アーペルをクライアントに持つWilliam Scheerのデザイナーも務めていた Alfred Philippe(アルフレッドフィリップ)がメインデザイナーに就任したことにより、一気に有名になります。アルフレッドがデザインしたラインはコレクターにも特に人気がありかなりの高値つく物もあります。

人気はCoroの次、しかし品質はTrifariのほうが上だったようです。トリファリのメッキ技術は大変高く、他のヴィンテージジュエリーではメッキが経年により剥がれてしまったものをよく見ますが、『Trifanium』と呼ばれるトリファリのメッキ技術は剥がれる、というよ薄くなる、という感じになり、ほとんどの場合くすんでいてもポリッシュで元の輝きを取り戻すのでまるで本物のゴールドのようだと言われています。 1942年戦争による金属規制のためTrifariはベースにスターリングシルバーを使用しました。これにより販売価格がぐっと上がってしまったにもかかわらずその売れ行きに影響を与えることはありませんでした。この技術は戦後トリファリのスターリングシルバーに魅了された消費者を納得させるために取り入れられたものでした。

シグニチャーピース

Trifariのピースで特に有名なのが1941年に発表された王冠のブローチです。50年代まで色のバリエーションを変え3つのサイズで製造され、1953年のピースはエリザベス2世の戴冠式を祝いスペシャルエディションも作られました。 初期のものは戦時中のためベースにスターリングシルバーが使われ、サイズの大きいものは一番高く取引されます。カラフルな左右の大きなカボションとちりばめられた小さなクリアのスワロフスキーで構成されています。 トリファリのコレクターであれば一つは手にしたいピースではないでしょうか?

50年から60年代に見られる様々なデザインのとラインストーンパールの自然をモチーフにしたパリュールはデイウェアとして作られ非常に人気がありました。テクスチャーのあるメタルが特徴的でそれらのデザインは繊細でそして洗練されており一目見てTrifariとわかるピースばかりです。

刻印と年代

Trifariはそのアクセサリーの刻印により大体の年代を見ることができます。

初期の”KTF”は1935年迄、

Crown Trifari(Tの文字の上に王冠) 1930年代~1960年代

Crown Trifari©(Tの文字の上に王冠) 1955年~1960年代

T文字のハングタグ 1950年代~1960年代

Trifari© 1970年代~1980年代

中でもTRIFARI PAT PEND(1932~1954)は特別で、当時ジュエリーデザインに対してコピーライトがなかったため、デザイナーは専売特許証を申請してそのデザインを守っていました。 この期間にアルフレッド フィリップによってデザインされたものに主についています。

最後に Trifari™のラインですが、これは90年代と比較的新しくヴィンテージと呼ぶには早すぎるのですが、『最後のTRIFARI』としてコレクト対象になっています。 この頃の商品は40〜50年代のデザインの復刻版もたくさんあり、高い品質で再現されています。

こののち、2000年、TRIFARiは買収され、別の会社のもとでアクセサリーを販売していますが、これは現代アクセサリーとして全く別の物としてあつかわれています。また品質もぐっと落ちてしまったように思います。 かつてTrifariはいち早く「すべての商品に刻印が入っている」ことを宣伝したブランドで、刻印のないTrifari商品とうたい販売されている物をたまに見かけますが、これはあり得ないことと言い切れるでしょう。当時Trifariが人気ブランドになった時いくつかの「偽物」も有ったようです。