はんだ付けは簡単です。

半田付け、溶接はとても難しいと思われがちですが、用具さえそろえればとても簡単です。今までは接着剤を使ってラインストーン台座につけていたつけていたイヤリング、ピアスなども簡単にでき、強度を心配することなくよりオリジナリティーのあるアクセサリーを完成させることができます。

ここでは基本になる、ストーン台座にイヤリング、ピアス金具をハンダで接合させる方法、丸カンを完全に閉じる方法、寄せ台座の作り方の基本をご紹介します。これらが一通りできれば色々と応用できると思います。

ここでは全てブラスのパーツを使用しています。はんだ付けしたアクセサリーはゴールドやシルバープレートを施すこともできます。自宅で簡単にプレートできるキットがあるようですのでこちらからどうぞ(外部サイト)少しお高いですが、本格的です。

まずは基本となる道具のご紹介。こちらも全て簡単に手に入ります。

① トーチ ライター用のガスで使うことができる手軽なものです amazonで見る
② ガス amazonで見る
③ はんだ ジュエリー用の低温度 シリンジ入り、ペースト状、ワイヤー お好みのものを使ってください
はんだには種類が色々あり、リードフリーなどアレルギー対応のものもあります。またシルバーのみだと思いがちですがカッパー(銅)のハンダでゴールドにより近い色ではんだ付けも可能です。どれを使うにも必ず低温で溶けるものを使ってください。配管接着用などは大変高温で溶けますので自宅用では使用できません。(別で写真を撮るつもりが一緒に撮ってしまいましたが、パッケージに入ったものが配管用で、小さなものだと注射器のサイズなため間違えやすいのでご注意ください。)
④ セラミックプレート 作業台 この上で作業しますので、レンガ、タイルなどで代用可能です。
⑤ 液状はんだ付け促進剤 ペースト状の方が入手しやすいかもしれません
写真右 クリームはんだ 小さなパーツの接合にとても使いやすいペースト状のはんだです

その他

①写真左 小麦粘土。寄せ台座を作る時やラインストーン台座を固定するのにとても便利です。専用品もありますがこの小麦粘土で十分です。②写真中央 ハンダこて ここでは丸カンを閉じるのに使用します。③写真右 はんだ用クリップ イヤリング金具など小さなパーツを固定するのに使います。

下準備

ストーンは先にセットしておきます。カン付きの台座はニッパーなどで切って簡単にカンのない台座にできます。熱に弱いアクリルなどのストーンはこちらで紹介する方法には溶けてしまう恐れがあり使用できません、グラスやスワロフスキーをお使いください。

ピアス&イヤリングの作り方

ここで使用するのは、トーチ、はんだワイヤーもしくはペースト状ワイヤなどお好みの半田、サードハンドクリップ、小麦粉粘土、液状はんだ付け促進剤です。簡単なのでマスターしてしまえば、探しても見つからなかった台座付きのイヤリング金具も自分で作ることができます。 個人的にはペーストはんだがオススメです。色々試してみて仕上がりを比べてベストな方法を見つけてくださいね。

ポイント

金具を付ける際はまっすぐになっていることを確認してください。 半田はごく少量で十分でですのでつけ過ぎないように。。

寄せ台座の作り方

ここで使用するのは、トーチ、はんだワイヤー、小麦粉粘土、サードハンドクリップです。応用すれば立体的なモチーフや、チェーン上のラインストーンモチーフも接合可能です。お好みの寄せ台座を作ってください。カボションの場合後からストーンをセットすることも可能ですが、ラインストーンはデザインによってはセットしにくくなりますので、ご注意ください。プラスティック、ルーサイトなどははんだ作業が終わってからセットしてください。

ポイント

小麦粘土の土台は平らにして、ストーンは表面の高さをそろえてください。土台を立体の半円状にして丸い立体的なモチーフを作ることも可能です。また丸カンをはんだで付けたりしてネックレストップにも。。

丸かんの閉じ方

ここで使用するのは、はんだコテ、はんだワイヤー、クリップ(ペンチなどでも代用可能、くれぐれも素手では行わないように、、)、液状はんだ付け促進剤です。丸カンでご紹介しておりますがおおきなフープ上のパーツなどでネックレス、ブレスレットを作った時にこの方法で完全に閉じてしまい強度を上げたりと色々と応用ができます、とても簡単です。液状はんだ付け促進剤は表面をきれいにしてはんだの接着度を上げます。小さなパーツなどには有効ですので是非利用してください。

ポイント

ごくごくわずかな半田で十分です。薄く重ね塗りして綺麗に仕上げてくださいね。